無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
怪獣映画が好き!
0
    ゴジラが再度ハリウッドで映画化されるそうで!
    予告を見る限り、ゲームの「地球防衛軍」みたいに歩兵(飛んどるけど)が直接ゴジラとやりあう感じかな?雰囲気的には漫画「神の獣」っぽい感じもありますね。というわけで期待をこめて、こんな記事です。

    いい年して、怪獣映画が大好きです。まあ小2病の典型的な症状なので致し方ありません。ですが、いわゆる怪獣プロレスとかどいつが強いの弱いのってのはあんまり興味がなくて、いわゆるIFストーリー、ディザスタームービーとしての完成度が高い怪獣映画を観てみたいというのが願望です。
    もしもありえないくらい巨大で敵意があり、コミュニケーションもとれない生物?が現れたらどんなことが起こるのか、どうすればそれから逃げられてどうすればそれを排除できるのか、あるいはそいつの正体はなんなのか、というのをあれこれ夢想する楽しみの先に怪獣映画はあってほしいと思います。

    例えばここにマスターアップが数日後に迫ったゲームを開発中のあるゲームメーカーがあったとします。深い意味はありませんが仮にG社としましょう。そんなくそ忙しいときに怪獣なんてものが現れて会社に迫ってきた日にゃ経営者は、プロジェクト責任者は、現場スタッフはどんなことを考えてどんな行動をとるだろうか、とか。そんなIFストーリーの楽しさが怪獣映画の大きな魅力のひとつだと思うわけです。数日後に迫ったものはアイドルの解散コンサートでもワールドカップの決勝戦でも幼稚園の運動会でも、それぞれにおもしろいドラマが展開することでしょう。
    そういった意味では怪獣そのものの姿というのは別にスクリーンに出なくてもよいわけで、「大怪獣東京にあらわる」なんてそんな発想で作られた映画でした。おもしろかったです。

    一方で、もし人類を滅ぼしかねない超巨大生物なんてものが現れたら、それは人類がその英知を結集して遠慮なくボコボコにできる対象という稀有な存在になるだろうと思われます。日本も含め、たいていの国では厳しい財政の中でも軍事予算を割いてつねに新兵器を開発したり軍事的な訓練をしますが、それが運用される事態というのはもちろん極力起こって欲しくない。開発してるほうは少しでも高性能なものを作るべく日夜邁進しているのに、完成したプロダクトは無用の長物となってくれたほうが人々にとってはありがたいという二律背反な現実がある。
    だったらば、架空の純粋悪というかほとんど自然災害に近いものを創造してそいつを映画の中で大暴れさせれば、最新鋭兵器が遠慮なく全武装をぶっ放して思う存分活躍できる大義名分が生まれる。全人類共通の敵なんて、こんな都合のよい「的」はないわけです。見てるほうだっておお現代兵器やるじゃん!と気持ちよく映画を楽しめるんではないかと。まあお話の中のことではありますが。付け加えれば、怪獣に上記のようなアイデンティティをもたせた以上、「怪獣にだって命があるんだ!」とか「怪獣退治は本当に正しいことなのだろうか!?」とかそういうペラいアレ、いらんです。種としての存亡がかかっているときに天敵を気遣うアホはおらんので。

    さて、ディザスタームービーには沢山種類がありますが、地震、火事、台風、津波あたりの自然災害ものはレンジャーや乗り物くらいはかっこよく活躍できますが兵器・火器はとくにお呼びでない。隕石ものというのもありますがこれもあんまり火器で撃退というわけにはいかない。で、隕石ときたら次は宇宙人の襲来とくるわけでこれは昔から結構作られてきた。でもウェルズの「宇宙戦争」は基本的に人類は逃げ惑うばかりなのでパニックストーリーとしては面白いですがいまいち爽快感がない。「インデペンデンス・デイ」はやっつける爽快感はありましたが空中戦メイン。「マーズ・アタック」は・・ありゃ何だろう、いなたいマクロス?(笑)ほくそ笑んでしまうようなブラックな面白さはあれど爽快感とは違いますね。

    ここはやっぱり大地を揺るがして迫る「撃ちがいのある」大怪獣を10式、M1、レオパルド2、チャレンジャー2、ルクレール、T90、99式なんて面々が一同に会して主砲をぶっ放してやっつけた!やったぜ人類!という「MBTオールスターズDX」的な爽快感を味わいたいわけです。あ、申し遅れましたがわたくし戦車オタでもあります。
    ちなみに「怪獣が強力な磁場を発していて現代兵器が使えない!」とかそういういらん縛りはくれぐれもやめていただきたい。あと怪獣側に意外な弱点があってそれまでの経緯に関係なくコロッと勝てちゃいましたor自滅しましたばんざーい、なんてのもやめていただきたい。逆転のきっかけになるとか、それくらいならいいんですけど。
    基本的には真正面から総力戦でまわりの建物とか壮絶にぶっこわしながらボッカンボッカンやりあってほしいですね。日常で見られない光景ほど映画で見てみたいわけですから。あと、何らかの方法で怪獣の残り体力が分かって戦略立てながら戦うなんてのも「七人の侍」みたいでいいかも。

    今までの怪獣映画でダントツに好きなのは「ガメラ2 レギオン襲来」です。自衛隊がかっこいい!NTTありがとう!と怪獣者にも好評の映画だと思いますが、SFやIFストーリー、フェイクドキュメンタリー的なおもしろさもあります。自衛隊の出動を総理?が説明つきで要請するシーン、芝居がかってない感じがいいですね。ワイドショーの速報、ファミレスの窓の外を進軍する90式、パチンコ屋のネオンに群がる群体とか日常と非日常を混在させる演出もゾクゾクします。
    また、本来後ろ暗い戦争の道具たる戦車を戦車道という奇想天外な設定の中でかっこよく活躍させ、なんと青春ストーリーに仕立て上げてしまったアニメ「ガールズ&パンツァー」もすごくおもしろかったです。これなんかもうIFストーリーの極みという感じですね。怪獣でてこんけど。ゲーム版のガルパンにはモンハンみたいに怪獣相手にみんなで戦えるモードがあるとおもしろいんじゃないかなあ。

    あー書いた書いた。
    それでは新作ゴジラもおもしろい映画になることを願って、長文おしまい。
    | 阿知波大輔 | よもやま話 | comments(0) | - | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: