無料ブログ作成サービス JUGEM
「茶太 Works Best III」に"Cloudy"を収録していただきました!
0

    2/12にティームエンタテインメントさんから発売される「茶太 Works Best III」に「メルルのアトリエ」挿入歌で僕が作詞作編曲を担当させていただいた"Cloudy"を収録していただきました!
    茶太さんの歌やコーラスは透明感があってすばらしいですね。そしてギター・ベースはおなじみDaniさんです。Daniさんは茶太さんの作品にもたくさん参加されているので相性は抜群!"Cloudy"を気に入られた方は茶太さんとDaniさんがコラボされている他の楽曲もぜひ聴いてみてください。

    さて、"Cloudy"は"Shiny""Windy"に続くお天気シリーズ(笑)のタイトルなのですが、どんより曇った空というわけではなくて夏の入道雲が広がる雲みたいなさわやかなイメージで、雲のように自由にどこまでも行ってみたいという(ゲーム開始時点の)メルルの願望を投影したつもりです。ただ、曇り空じゃなくてそういう「雲が広がる晴れた空」をCloudyと表現してもいいのか・・というのがわからなくて画像検索とかもしてみて、まあイメージどおりの画像がヒットしてはいるのでおそるおそる決定しました。でも思いっきり間違ってるかもしれん!英語が堪能な方にちょっと伺ってみたいですね。

    歌詞はお城を飛び出して見たことのない遠い世界に飛び込んでみたい、というメルルの心情をストレートに表現してみました。何でもできるような何もできないような、無謀とヘタレが共存したような青春時代特有の不思議な気持ち。大体はすらすらと書けたんですが一箇所だけ、2番の「通り過ぎてく/景色はいつも/抱えきれない/手紙のようで/瞬きもせず/見つめてたいけど/できやしないね/○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ 」の最後のワンフレーズがいいのがでなくてちょっと悩みました。最後キレイに締めなきゃ・・みたいな意識から肩に力が入ってたんだと思うんですが、うんうん考えながらたまたまふっと見たTV番組のネタがツボにきて思わず笑ってしまって「ああ、これでいいや。『笑ってどうぞ』だ」という・・アホみたいな話ですが真実です。だからこれ「どうぞ笑って」の倒置じゃなくて「さあさあどちらさんも笑ってどうぞー!」とか、そっちのほうです。実は収録中にも茶太さんに確認されたんですが、あの時僕うまく伝えられていたのだろうか(笑)

    ちなみにこのCloudy、ゲーム内バージョンでは曲の構成が違います。(サントラには両方収録)最初のイベントでアールズのお城が出てくるので、それに合わせてもともとは後ろのほうにあった鐘の音のようなギターの輪唱(輪奏?)を冒頭部分にもってきました。このギターのフレーズは特に鐘の音をイメージして作ったわけではないんですが、イベントシーンとあわせてみると鐘の音に聴こえてきたので、ならば、と。映像にあわせてこんな感じに編集したりするのもまた楽しいですね。

    恥ずかしいんですが曲のほうの元ネタもちょっとばらします。
    冒頭部分のギターのアレンジで、右チャンネルがミュートピッキング、左チャンネルは同形のアルペジオを通奏的にくりかえします。これは僕の好きなあるバンドがかつて一度解散する前に出したラストシングル曲を意識しました。あまりに有名なバンド&有名な曲なのでハッキリとはばらしません!そういえば今年は午年ですねー。

    この曲、電車に乗って車窓の風景を眺めながら聴くとテンポがバッチリ合ってすごくいいんですよ。旅行や出張のときにいつも聴いてます。
    お天気シリーズタイトル、まだRainyとかSnowyとか残ってますね。いつか作るぞー。

    続きを読む >>
    | 阿知波大輔 | メルルのアトリエ | comments(0) | - | - |
    僕がプリキュアにはまった理由(後編)
    0

       いやはや、大変なショックを受けました。

      後で知りましたが、プリキュアの映画版はTV放映版のスケジュールの合間をぬって厳しいスケジュールで制作されていると聞きます。でも、映画からはそんな逆境を感じさせない凄まじいまでのサービス精神を感じました。
      たくさんの主役級キャラ(=パーツが多い!)を同時に登場させて動かすだけでも大変だと思いますし、それぞれにファンの多い主人公たちに見せ場を用意しないといけません。しかしそんな難題を見事にクリアし、なおかつ単なるお祭りダイジェスト版でなく独立した一本の娯楽作品として見事に結実しています。
      変身や必殺技のバンクシーンは各タイトルからの流用素材も多いですが、これは作り手さんにとっては不本意なことかもしれません。けれど変に新規に作り直すよりもファン、特に子供にはそのほうがうけると思います。テレビでお馴染みのシーンを劇場のスクリーンで楽しめるということですもんね。
      サービスってこういうことなんだなー、なんてことをしみじみと思いまして。ちょっとキャラが増えて作業量が増えたくらいなんだ、プリキュアは(当時)10人以上いるんだぞ!なんて自分を奮い立たせてくれました。※今は30人以上(笑)
      そこからは、変に作り手のエゴを出さず、なるべく沢山の要素やネタを過去作から持ってこれないかなーと思うようになりました。
      必殺技専用BGM"フィニッシュジングル"にロロナのOP"Falling,The Star Light"やトトリの戦闘BGM"GO GO TOTORI"をもってきたり、BGM変更機能をトトリDLCからパワーアップさせて過去作のBGMをより自由に流せるようにしたのもそんな発想からです。

      ただその行き方だと、新主人公のメルルにとっては不遇というかちょっとかわいそうな作品になるかもしれないとも思いました。すでに人気の確立しているロロナ・トトリと肩を並べれば従来からのファンの皆さんからは「誰だよコイツ」という目で見られるのは当たり前です。
      でもメル先生の素晴らしいデザインが上がってきたり、キャラ造形が固まってくるうちに、彼女の積極性や明るさでそんな逆境?も頑張ってはねのけてほしいと身勝手な期待を抱くようになりました。
      そんな思いからか、OP曲のCadenaは3部作の中でもっとも明るく快活な曲調になり、また「錬金少女メルルのうた」はそのままメルル個人への応援歌のような歌として完成しました。

      もちろんサウンドセクションだけでなく、スタッフ一堂同じような思いだったのではないかと思います。スケさんのガイアブレイクよろしく、もうやるだけやりきった!という感じでゲームは完成しました。
      で、その頃には僕はもう見事にどこに出してもちょっとしか恥ずかしくないプリキュア大好きおとっつぁんに変わりはてていたわけです。
      ちなみにキュアマリンが大好き!メルル開発中には「ハートキャッチプリキュア」をやっていたのでどうしても印象が強くて贔屓してしまいます。あと、押しが強くて明るくて、どことなくメルルに通じるイメージがあるから、というのもあるかも。
      要はああいういつもジタバタしてる活動的なヒロインが好きなんですね、僕は。
      アーシャのアトリエではキュアマリン役の水沢史絵さんにレジナ役でご出演いただいて大感激!(いや、別に僕が希望出したわけじゃないですよ!)

      ちなみに、精一杯頑張ったつもりでしたがリリースされてみるとやっぱり歪な部分があったり、特にロロナの扱いに関しては多くのファンの皆さんからお叱りをいただきました。
      現在発売中のPS Vita版「メルルのアトリエplus」ではそのあたりもできるかぎり補完されていますので、PS3版ですでに遊ばれた方もぜひ遊んでみてください!

      そして映画「プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち」も絶賛公開中!
      これが言いたかったんだよ!
      光るやつは各自用意して(ちびっ子しかもらえないからな!)ケッタで劇場に急げ!
      あと言っとくと、まだまだぜんっぜんプリキュアに関しては語りつくしてません!
      これで勝ったと思うなよ!

      | 阿知波大輔 | メルルのアトリエ | comments(0) | - | - |
      僕がプリキュアにはまった理由(前編)
      0

        えー、「アーシャのアトリエ」音楽堂のおまけコメントでさんざっぱら書き散らしてるんですが、わたくしいい年こいたおっさんのくせして「プリキュア」大好きです。
        皆さんプリキュアって見たことあります?ヒラヒラしたかわいい服の女の子がもう殴るわ蹴るわすごいんですよ。
        今回はなんでまた僕がいい年こいてプリキュアにはまったのかというお話です。

        きっかけは「メルルのアトリエ」の開発です。アーランドシリーズ前2作のロロナ、トトリには僕は楽曲は書いていなかったんですが、3作目で参加することになったので自分なりにイメージを作っておこうと思いました。
        で、まずアーランドシリーズの魅力はなんだろうと。システムとか雰囲気はもちろん魅力的ですが、これはまあアトリエシリーズならデフォルト装備みたいなもの。それ以上のアーランドならではの傑出した魅力、ウリとは。
        誤解をおそれずに言ってしまえばズバリ、キャラがカワイイ!ことだと思います。
        さらに言えば特に女の子キャラが。

        岸田メル先生のイラストは言うに及ばず、ゲーム内モデルやモーションの秀逸さ、シナリオ面でもそれぞれの魅力や個性が存分に引き出され、生き生きしています。
        ゲームで遊ぶという以前に、この可愛らしいキャラたちのいる世界にずっと浸っていたい・・という感じでアーランドシリーズを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。
        僕はもういい年のおっさんですが、やっぱり若い頃に好きだったアニメやゲームってそんなふうに思うものが多いですからね。

        それでは、そのアーランドシリーズの完結編である「メルルのアトリエ」のウリはなんだろう。この点はある意味わかりやすくて、「メルル」には先輩主人公であるロロナ・トトリも登場することが決定していました。つまり「主人公全部入り」。
        もちろん開拓システムなど、メルルの固有フィーチャーもたくさんありますが、インパクトの点でやっぱり歴代主人公揃い踏みは強烈です。3人が並んだ雑誌の表紙イラストを見て「おお!」と思った方も多いのでは。
        この「主人公全部入り」は大きな魅力であると同時に、クリアしなければならない関門でもありました。作り手側の話になっちゃうんですが、登場キャラが多い(しかもかつての主役です)ということは当然作業量も多くなります。開発期間はロロナやトトリと同じですからね。

        さて、「女の子キャラがかわいくて魅力的」「主人公全部入り」そういった共通項があって参考にできる作品って何があるかなーと思ってレンタルDVDで手に取ったのが「プリキュアオールスターズDX」でした。ちびっ子に(大きいお友達にも?)人気のプリキュアシリーズ、そのヒロインであるプリキュアたちが一堂に会する映画版ですね。
        で、見ました。

        ・・・

        「この映画を作ったのは誰だあっ!」

        驚天動地の後編へ続く!

        | 阿知波大輔 | メルルのアトリエ | comments(0) | - | - |
        ザールブルグ同窓会?
        0
          今回はメルルのキャスティングに関するちょっとしたお話です。えーまず前置きなんですが、わたくし自らを「怪奇!すぐ泣くおっさん」と称しておりまして。とにかくよー泣くんですわ僕。
          リルルが天使になったといっては泣き、パタリロが生まれて初めて心の底から泣けばもらい泣き、メビウスにレオや80が出てきたといっては泣き。収録中にアーティストさんの歌の素晴らしさに涙ぐんでたことも一度や二度じゃありません。

          で、メルルの開発中にもこんなことが。ポワンポワン(回想SE)テストプレイ中に、スケさんとルーフェスが酒場で会話するイベントに遭遇したわけです。で、ご存知の通りスケさんは小杉十郎太さん、ルーフェスは子安武人さんですよね。
          途中まではボーッと見てたんですが、ふと「あれ?これって・・エンデルク隊長とクライスが一緒に酒飲んでる・・」って思ったらハイきた!もうあの顔文字のブワッ!という感じ。
          それぞれに年をとったエンデルクとクライスがマリーやエリーの昔話でもしながら酒をくみかわしてるように見えてきて・・。
          ちなみにそれぞれのキャラネームもエンデ「ルク」ステ「ルク」、クライ「ス」ルーフェ「ス」と韻を踏んでる?んですよね。

          もう嗚咽まで出そうになって。隣で柳川さんもテストプレイしてるからあわてて俯いて、落としたものひろうふりして机の下に顔突っ込みました。挙動不審すぎる(笑)
          だってねもう、仕方ないですよ!十四年前、当時はDAT納品だった音声データを1ワードずつガッチョンガッチョン切り出して「うわ〜小杉さんだ、Zガンダムだぁ〜!」「子安さん!新スナフキン!」とかミーハー丸出しで喜んでたんですもん。
          そういえばキャラテーマBGMも一作目のマリーからあって、エンデルクの「青狼エンデルク」、クライスの「メガネが笑う」を作らせていただいたのもとても光栄です。

          何よりただ懐かしいだけではなく、小杉さん、子安さん、そして武器屋のおやじ&ハゲルの立木文彦さん!最初期のマリー・エリーのアトリエを支えていただいた皆さんに十四年後の今(当時)もこうしてお力添えを頂いてるってことが、もう本当に感無量で。
          アーランドでは小杉さんと立木さんはロロナの時点ですでにご共演頂いていたんですが、完結編のメルルでついに満を持して?子安さんまで揃ってしまったという。早く気付けよって!本当にその通りで申し訳ないんですが、開発でテンテコしてるとなかなか意識がいかなくて。
          ふっと気を抜いたときに急激にそれを意識して虚をつかれたっていうんですかね。そこからはもう、嬉しいなあ、ありがたいなあの脳内無限ループ。がんばっていいもの作らねばと。

          どこまでがんばれたか自分ではわかりませんので、ぜひみなさんでゲームを遊んでいただいてご意見・ご感想をお寄せいただければ幸いです。
          PS Vita版メルルのアトリエplus、好評発売中です!
          | 阿知波大輔 | メルルのアトリエ | comments(0) | - | - |
          Cadena
          0
            『メルルのアトリエ』OPテーマ"Cadena"の2番の歌詞「白銀を身にまとう異国の騎士」はスケさんを思い浮かべる人が多いと思うんですが、作詞者としては明確に誰とは特定していません。もしかしたら、その騎士に憧れる「僕」が幼い日のスケさんなのかもしれません。
            アーランド3部作の主人公である錬金術士たちはそれぞれの師を慕い、いつか追いつこうとがんばります。アストリッドにも師匠がいますし、そのまた師匠もいるでしょう。また、一番の新米メルルも、エンディングを迎える頃には誰かの夢や憧れになっているかもしれません。

            "Cadena"とはスペイン語で鎖、連鎖という意味ですが、この曲のテーマは「夢の連鎖」です。夢をかなえた誰かに別の誰かがあこがれ、その誰かもいつか夢をかなえ、また別の誰かの夢となり輝く。さまざまな文化や技術がそのようにして発展してきたのではないかと思います。ある文化や技術の始祖やパイオニアと呼ばれる人にも、必ず憧れたり目標にした人はいるはず。それをずっと遡っていくと冗談抜きで人類創生まで行き着くんじゃないかと。また先をたどれば人類が存在する限りその連鎖は途絶えることはないのではないかと。

            アーランドシリーズ完結編のテーマソングとして、その夢の連鎖が閉じて終わってしまうのではなく、過去にも未来にもはるかに連なっていく・・というイメージで書いてみた詞です。

            ちなみに"Cadena"というタイトルですが、実は途中までタイトルは"Passacaglia"(パッサカリア)でした。確か音源が完成した段階でもこのタイトルだったかな。語感が好きなのでいつかタイトルに使おうと思ってた言葉なんですけどね。
            パッサカリアとはある音楽形式のことで、循環コード進行であることから個人的に「終わりなく円環するもの」みたいなイメージだったんですが、どうもしっくりこない。円環のループじゃなく、一本の道が後にも先にも果てしなく続いていく・・みたいな感じでいい言葉ないかなー、と。
            そんなときに"Cadena"という言葉を見つけておおこれだ!と。あとこっちのほうが短くスッキリしててメルルの即断即決!なイメージに合う気がする!と思ってタイトルにしてみました。

            ちなみにこのCadenaが収録された『メルルのアトリエ オリジナルサウンドトラック』はディスク3枚組、総トラック数111トラック(1の3並び、足して3)主題歌Cadenaの収録時間は3分33秒!アーランド3だからね!お値段は3,333・・じゃなくてごめんなさい、3,675円ですがぜひ聴いてみてください!
            | 阿知波大輔 | メルルのアトリエ | comments(0) | - | - |
            十四年前
            0
              藤浪智之先生の小説版「メルルのアトリエ」の「ジオバンニの回顧」というエピソードに、十四年前という言葉が何度か出てきます。これはジオが初めてロロナと出会った時期をメルルのスタート時点から回顧すると十四年前になるということなのですが・・

              個人的にこの十四年前という表現が出るたびに感慨深いものがありました。というのは、アトリエシリーズの第一作「マリーのアトリエ」が発売された1997年5月が、奇しくも「メルルのアトリエ」が発売された2011年6月から数えてほぼ十四年前になるのです。
              小説ではジオは十四年前のロロナとの出会いを回想するのですが、僕は自分にとっての十四年前、「マリーのアトリエ」をリリースした頃のことを懐かしく思い出していました。

              ちなみに「マリーのアトリエ」のタイトルBGMは「好きだった絵本」という曲です。
              この曲はのちに歌にみとせのりこさん、アコーディオンに藤野由佳さん、アイリッシュハープに木村林太郎さんを迎えて歌曲としてアレンジされました。CD「アトリエヴォーカルヒストリア」、「アーシャのアトリエ」のDLCBGMデラックスパックでも聴けますのでぜひともご一聴ください!
              | 阿知波大輔 | メルルのアトリエ | comments(0) | - | - |